シフトの決定タイミング

悩みどころ、シフトの決定タイミング どうしても埋まらない! 提出が遅い!

お店で働くスタッフさんにとって、次のシフトや勤務スケジュールはなるべく早く知りたいですし、店長さんにとっても、できることならなるべく早く作成したいものですよね。

 

しかし、なかなか提出期限までにシフト希望が集まらなかったり、スタッフさん全員の希望を聞いたりしていると調整が難しくなってしまい、毎回シフトを完成させるのにどうしても時間がかかってしまう! なんて悩みをもった店長さんも多いかと思います。

 

シフトの発表が遅くなってしまうことについて、スタッフさんたちは一体どう思っているのでしょうか? またいつも早めにシフトを作り終えるにはどうしたらよいのでしょうか?

 

早く決めてほしい!? スタッフの本音は?

 

シフトを提出したのは何日も前なのに、いつまでたっても次の出勤スケジュールがわからない……となってはスタッフさんたちも困ってしまいます。

 

お仕事以外の予定も立てづらいですし、もしかしたら、発表が遅れたためにスタッフさんに急に休まれてしまう、なんてことにもつながりかねません。

 

また、前日にいきなり出勤することがわかったり、反対にいつもなら出勤しているはずの曜日が急に休みにされてしまったりすると、スタッフさんたちはお店に振り回されているような気持ちになってしまうようです。

 

店長さんとしては、そのようなことで大切なスタッフさんたちの信頼を失いたくないですよね。

 

それでもシフトを組むのは大変! 作り方のコツは?

 

そうは言っても、全員分のシフトを提出期限までに集めたり、能力のバランスを考えつつ、スタッフさんの希望を聞きながらシフトを組んだりするのは、忙しい店長さんたちにとってすごく大変な作業ですよね。一体どうしたらシフトを早く作れるのだろう? と思っている店長さんも多いかと思います。

 

お店によっては、勤務スケジュールを最終決定する前に、集まった分のシフト希望で仮決定した予定を先に発表する。というような方法をとっている店長さんもいるようですね。

 

このように、どういった方法でシフトを作るかということも大事です。しかし、それ以上に店長さんとスタッフさんの関係性が、実は重要なポイントになってくるのではないでしょうか?

 

なるべく早いシフトの提出をお願いしたいときには、早く出してくれたスタッフさんの希望をちょっと多めに聞いてあげたり、負担を減らしてあげたりすると、スタッフさんの方もこれからも早めの提出を心がけようと思うようになるものです。

 

またどうしても人手が足りない日が出てきてしまったときに、急きょ出勤のお願いをすることもあると思います。

 

そんなときには次のシフト作成のときに配慮したり、普段からスタッフさんとのコミュニケーションを心がけたりすることが協力してもらえるきっかけになるようです。

 

働いているスタッフさん側にとっても、シフトの決定は早いに越したことはありません。少なくとも、1週間前には次の勤務スケジュールが発表されているのが理想ではないでしょうか。直前までシフトがわからず、明日出勤したらいいかどうかわからない! 急に明日来てくださいと言われても無理! というようなトラブルになるのは、絶対に避けたいところです。

 

とはいえほかの仕事もあるなかで、シフトを集めて作成するというのは店長さんにとって大きな負担でもありますよね。

 

最近ではこのような面倒くさいシフトの管理・作成をアシストしてくれるソフトも出ているようなので、試しに使ってみるのもよいかもしれませんね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加