クラウドサービスのメリット

1時間半が30分に!? シフト管理のクラウドサービスのメリットをおさらい

「今まで1時間半以上かかっていたシフト表の作成が、30分以下になりました!」という店長さんの喜びの声。しかも1人、2人ではなく多くの方から、『店長AGOGO』の編集部に寄せられています。
スタッフさんからシフトの希望日を出してもらい、それをまとめて集計し、調整のやり取りを経て確定する。そんな一連の流れがクラウド上でできるシフト管理ツールが、さまざまな企業からリリースされているのをご存知でしょうか。パソコンやタブレットだけでなく、スマートフォンにも対応しているツールがほとんどなので、学生スタッフさんも気軽に使うことができます。

 

「この日、この時間帯には何人必要」というデータを事前に設定しておけば、スタッフさんも自分のスケジュールと照らし合わせて希望日時を提出できますし、送信された日時はシフト表に自動で反映されます。シフト提出の締め切り前には、アラートメールを一斉送信してくれる便利な機能もあったりします。

クラウドのシフト管理ツールのメリット・まとめ

1)提出された希望シフトを集計する必要がない

2)時間チャートを見ながら「直感的に」シフト表を作成できる

3)確定や削除、修正が簡単にできる

4)手書きで清書する必要がなく、いつでも見やすい

5)PC・スマホ・タブレットなどどんなデバイスからも入力・閲覧が可能

6)シフトに関する書類を「探す時間」がゼロになる

7)仕込みや教育など、空いた時間を他の業務に使うことができる

8)紙代も必要なくなるため、経費削減にもつながる

9)一度確定したシフトに変更があった場合、関係者に自動で連絡がいく

 

ざっと並べただけでも、クラウドのシフト管理ツールは本当にメリットが多いですよね。提供している各社に共通しているのは、「少しでも店長さんの負担を減らしたい」という強い思い。人工知能もどんどん発達していますから、いずれは時間と人数だけでなく、スタッフさんごとのスキルや経験などのデータも考慮した上で、「この体制なら問題なく現場を回せそう」という理想のシフト表を自動で作成してくれる日がくるかもしれません。

 

もちろん、そこまでの機能はまだないとしても、既存のクラウド管理ツールも十分活躍してくれます。店長さんがこれまで自分の大切な時間を使って作成していたシフト表を、自動でミスなく整理することができる。こうしたシステムをうまく活用していけば、店長さんにとって最強の相棒になるのではないでしょうか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加