働き続ける理由と不満を徹底調査<コンビニ編>

コンビニで働いている人の働き続ける理由と不満を徹底調査!

「コンビニで働いている」人たちは、なぜこの業界で働き続けたいと思っていて、どんな不満をもっているのでしょうか。

 

全国のアルバイト・パート就業希望者6641人に実施したアンケートから、コンビニ業界で働いている人の本音を探ります。

 

コンビニ業界で働き続ける理由は?

 

働き続ける理由<コンビニ編>

余った商品を持ち帰れるのが魅力

 

「店舗で余った/賞味期限切れの食品や商品を持ち帰れるから」というのが、コンビニで働き続ける理由の1位に。ただ、最近は廃棄物の対応についても厳しくなってきているようです。

 

これまで持ち帰れていたのに途中からできなくなったという人や、最初からこれを目当てで働きに来ている人にとっては、持ち帰りの可・不可が不満につながるようです(不満の2位に挙げられていました)。

 

家の近くで働ける

 

志望動機に挙がっていた「近所/地元で働けること」が、働き続ける理由にもランクインしました。働く時間を1分でも無駄にしたくないという人にとって、コンビニのように自宅から徒歩や自転車で通える職場は、ありがたい存在なのでしょう。

 

 

就業者が抱えている不満は?

 

就業者の不満<コンビニ編>

給料が低い

 

レジや商品を並べるだけでなく、揚げ物などの調理をしたり、掃除したり、公共料金の支払い対応や、最近では宅配便のコンビニ受け取り対応など、仕事内容が多岐にわたるコンビニ。やることがたくさんある割に「給料が低い」「昇給・時給アップの可能性がなさそう」という点が不満になっているようです。

 

もし時給が上がっていくのであれば、その条件やタイミングなどをきちんと説明するようにしましょう。

 

求人広告にするなら

時間をかけて人を採用しても、すぐに辞めてしまう…とお困りの店長さん必見! 離職率を低下させて、アルバイト・パートさんに長く働いてもらうためのヒントをご紹介します。

有望人材の定着? 戦略化の3つのポイント

(※人材サービスインフォメーションネットのサイトに移動します)

 

■「コンビニで働きたい」人の本音を知る!!

http://www.tencho-a55.jp/2016/08/1942/

 

 

※株式会社リクルートジョブズ『はたらくホンネ』全国のアルバイト・パート就業希望者6641人調査結果より
※内、対象は「この業界で現在仕事をしている」と回答した176人

このエントリーをはてなブックマークに追加