失敗しない留学生アルバイト採用~募集編~

失敗しない留学生アルバイト採用~募集編~

前回は留学生を採用するときの注意点を2つご紹介しました。

 

  • 働く許可を得ているか、資格を確認しなければならない
  • 国籍によって採用の優劣をつけない

 

でしたね。

 

ここからは各採用フローで確認すべきポイントを一緒に見ていきましょう。今回は募集について。留学生を募集するときには、業務内容や労働時間についていくつか法的な規制があります。

 

以下にチェックすべきポイントをまとめました。「知らないうちに違法な募集広告を出してしまっていた」なんてことがないように、しっかりチェックしてくださいね。

 

留学生を募集するときのチェックポイント

 

1.「風俗営業または風俗関係営業が営まれている場所」ではありませんか?

 

留学生は、スナック、パブ、パチンコ店、マージャン店、ゲームセンターなど、風営法で指定されている場所で働くことはできません。

 

2.規定の労働時間(週28時間以内)は守られていますか?

 

原則として留学生が認められるのは「週28時間以内」で「教育機関の長期休業中は1日につき8時間以内」の就労です。

 

3.待遇(条件)に差別はありませんか?

 

外国籍であることを理由に、低賃金にするなどの差別は許されません。健康保険や社会保険についても、日本人労働者と同じ取り扱いになります。

 

求人広告にするなら

留学生をターゲットにした求人広告の場合、上記のチェックポイントを踏まえて原稿を仕上げていきましょう。具体的な表現方法は、厚生労働省の指針に基づいた下記のOK・NG例を参考にしてみてください。

 

規定を超えた労働時間の応募になっていませんか?

 

留学生の採用~募集編~

 

国籍・人種を限定した表現になっていませんか?

 

留学生の採用~募集編~

 

応募者の語学力について触れる場合は具体的に

 

接客など業務上ある程度の語学力が必要な場合は、下記のように書き添えるといいでしょう。

 

  • 日常会話レベルの日本語ができればOK
  • (○○国料理のお店)なので○○語ができる方歓迎

 

いかがでしたか?

 

留学生の場合、日本語が流暢でなかったり、交通事情に詳しくないことも考えられます。

 

そういったケースに備えて、応募の電話を受けたり、面接の案内をする時の対応方法をスタッフと事前に話し合っておくことも大切ですね。

 

次回は選考時のチェックポイントを一緒におさらいしましょう。外国人滞在者の身分証明でもある「在留カード」の見方とともに、就労可否の確認方法をお伝えします!

このエントリーをはてなブックマークに追加