アルバイト退職時の手続き

これだけ押さえればOK! アルバイト退職時の手続きをチェックしよう

アルバイトやパートさんとは、一緒に働いている時はもちろん、できれば退職してからもいい関係でいたいものですよね。退職時の手続きはそのためにもとても大切。誤りやモレがないよう、しっかりチェックしましょう。

 

退職時にやるべき3つのこと

 

1.返却してもらおう

 

  • 健康保険証
  • 身分証明書や社員証
  • 入館証
  • 名刺
  • 会社が支給した通勤定期等

 

返却義務があるにもかかわらず返してもらえない場合は、代金を請求することも可能ですが、本人の了承なしに勝手に給料や退職金から天引きするのはNGです。

 

2.退職者に交付しよう

 

  • 離職票
  • 年金手帳
  • 雇用保険被保険者証
  • 源泉徴収票

 


<忘れずチェック>

 

退職証明書を請求されたら、下記の5つのうち、退職者が求める事項を記載して渡すようにしましょう。

 

①雇用期間

②本人の従事した業務の種類

③その事業所における本人の地位

④本人の賃金

⑤退職の事由(解雇の場合はその理由)

 

本人から要望があったもの以外を記載することはできないので、気をつけてくださいね。


 

3.手続きを進めよう

 

  • 社会保険

→退職日から5日以内に、資格喪失届の手続きをしましょう。

 

  • 雇用保険

→退職した翌日から10日以内に雇用保険被保険者喪失届の手続きをしましょう。

 

  • 給与・退職金の支払い

→退職者から請求があった場合は7日以内に賃金を支払い、保証金や積立金なども本人に返さなければなりません。退職金については、就業規則等で決められた期限内に支払えばOKです。

 

 

いかがでしたか?

 

従業員と良好な関係を続けていくには、こうした手続きを怠らないことが不可欠です。今後、新しく人を迎える時、あるいは仲間が職場を去る時、ぜひ今回の記事を参考にしてくださいね。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加