店長こんなときどうする? Vol.4 迷惑な宴会あるある話

大人数の宴会予約。

 

ゆっくりと食事を味わって、くつろいだ時間を過ごしてもらいたい。

 

との願いも束の間、お酒が入ると次第に盛り上がりがエスカレートしていって…

 

ただでさえ、団体の対応をするのに精一杯なのに、他のお客様からもクレームが・・・。

 

さて、ここでは迷惑な宴会の事例をご紹介しましょう。

 

みんなでやれば怖くない?禁止行為の横行

 

お店にとって一番してほしくないのが、他のお客様の迷惑にかかる行為。

 

「裸になって、歌い出して、騒ぎまくる」というのはその一つ。

 

時代が変わってもよくある光景です。宴会といえども、節度を守ってほしいものです。

 

さて、ここからは実際の店員や店長の声。

 

「持ち込み禁止なのに、誰かがプレゼントでもらったワインを飲み回すとか。持ち込んだ食べ物をテーブルに広げているケースもあります」(居酒屋アルバイト)

 

「飲み放題だからといって、じゃんじゃん注文して残しまくる。残ったらお金がかかるといって、洗面所などに流していたということも」(同上)

 

「時間になっても、なかなか帰らないのが困ります!次の予約が入っていると言っても、幹事さんも『あとちょっとだから…』と言って引き延ばす。片づけの時間がなくなるんですよ!」(和食店アルバイト)

 

「宴会が終わったのにいつまでもお店の前でたむろしている団体。もうお会計が済んでいるのに。通行人の方が嫌そうに店を見ているんです」(焼き鳥店アルバイト)

 

他に、「余興で使ったものをそのまま放置する」「片づけをしていたら、飲み物をこぼしまくっていて、掘りゴタツの床がびしょびしょ」なんて声もありました。

 

店長の悩みは他にもあるようで・・・

 

「迷惑なのは当日のドタキャン。人数の増減ならまだしも、予約自体がなくなることも。仕入れの問題もあるし、何よりも売上が見込めない」(和食店店長)

 

人数が多い場合は、前日に確認電話を入れることもあるそう。いやはや、大変です。

 

迷惑行為は大人だけじゃない

 

お互い家族連れの宴会になると、騒ぐのは大人ではなくて子どもなんてことも。

 

「大人たちは普通にお酒を飲んでいるんですが、問題は一緒に連れてきた子どもたち。店内をあちこち走り回っていたので親に注意したところ、最初は言い聞かせていたんですが、また走り回る。もう一度親に言ったら逆ギレされました」(和食店店長)

 

そんな時店長はどう対処したの?

 

「子どもに直接言いましたね。『危ないから走るのはやめようね』って。そして、オレンジジュースをプレゼントしました。その後は大人しくしていましたよ。ただ、子どもにずっと見られていましたけど(笑)」(同上)

 

子どもといえども、お店のお客様。注意する時はちゃんと注意する。それがお互いに気持ちよくなれるコツなのかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加